川崎大師特集
 
 
年末年始、川崎で初詣といえばなんといっても全国3位の集客数を誇る川崎大師!!カワサキっ子なら誰もが一度はお参りに訪れたことがあるはず。そんな川崎大師の周りには情緒たっぷりの魅力的なお店がたくさんあるのをご存知ですか??そんなお店の数々をご紹介!飴、久寿餅、お土産に食事処、ちょうちん屋さんまで独自にピックアップ!これを機会にお参りだけでなく風情のある街並みをゆっくり散策してみればきっと自分のお気に入りのお店が見つかるハズ!!
 
 
川崎大師(カワサキダイシ)
かわさきだいし(かわさきだいし)

住所 川崎市川崎区大師町4-48
電話番号 044-266-3420
FAX番号 044-277-8163(寺務所)
044-277-8173(信徒部)
駐車場

大型バス (マイクロバス含む)・・・40台
普通乗用車・・・700台

アクセス JR川崎駅下車、駅前から大師行バスに乗るか、又は京浜急行電鉄の京急川崎駅にて京急大師線に乗り、いずれも川崎大師駅下車。徒歩8分。
JRの品川駅又は横浜駅で京浜急行電鉄に乗り換えますと、京急川崎駅の構内で京急大師線に乗り換えられ便利です。
URL http://www.kawasakidaishi.com/
 
 
雷神堂(せんべい)
 
お大師様への最寄駅となる京急川崎大師駅から、表参道を歩いて5分。入り口の雷神様が目印の雷神堂。一等米の新米だけで作る手焼せんべいにこだわって、おやじさんが納得したもの以外は出さないとのこと。
詳しくはこちら
 
料亭 恵の本(料亭)
 
大師の駅を下車して改札口左前方を見ると大きな厄除門があり表参道を歩くと左手に「料亭 恵の本」がある。 創業は江戸時代からはじまり、江戸前の味は ほとんど変わらず代々しっかりと受け継がれてる。
詳しくはこちら
     
磯福(久寿餅)
 
川崎大師へのお参りの表参道を入ってしばらく行くと、右側に久寿餅の製造販売のお店 「磯福」はあります。 久寿餅ひとすじ55年の歴史を誇り店主は3代目、この道25年のベテランで日々おいしい久寿餅造りに励んでいます。
詳しくはこちら
 
住吉(久寿餅)
 
天保年間より伝えられる久寿餅の独特の風味は参拝に訪れる人々の憩いの味であろう。そんな中、川崎大師山門前にたどり着くと右手に構える黄色い看板と独鈷犬が目印のひと際大きなお店、「久寿餅本舗 住吉」。 大正六年創業以来「まっすぐなものを、つくる」を信念にお客様にご満足頂けるように努力を続けている。
詳しくはこちら
     
松屋総本店(飴)
 
明治初年(1868年)に東京の深川門前仲町に屋号を「松屋の飴」とし飴屋を開業し、 川崎大師には昭和十一年(1936年)に”深川不動尊松屋の飴支店”として出店した「松屋総本店」。今や川崎大師と言ったら仲見世通りには「とんとん♪」という音が鳴り響くのが当たり前のようになっている。
詳しくはこちら
 
川崎大師松月庵(そば)
 
1884年の創業以来、「二八」(にはち)と呼ばれる手打ちそばや「かえし」に代表されるつゆ仕込など江戸伝統の技法を受け継いでいます。 そば本来の美味しさを味わっていただくため、特にこだわっているのが素材選び。そば粉は北海道幌加内産を低速石臼挽きした松月庵オリジナル。
詳しくはこちら
     
かどや開運堂(だるま)
 
起物を扱うようになって八十余年になるという「かどや開運堂」店内には開運だるまがところ狭しと並んでいる。 手のひらにちょこんと乗るミニサイズから企業や選挙で使われている特大サイズまで、価格は250円から、約70種類数百個のだるまさんが常時店頭に並んでいる。
詳しくはこちら
 
栁澤商店(縁起物)
 
仲見世通りの中ほどにある柳沢商店。お勧めは豊富な品揃えのお念珠。 お店の方に相談しながら選べば必ず自分にあった縁起の良いお念珠が見つかるだろう。お線香も豊富でこちらも選ぶのに迷うほど。
詳しくはこちら
     
天丼 三惚(天丼)
 
京急川崎大師駅から表参道を歩いてゆくと独特の文字で掲げられた暖簾が目に付く。 店内はこじんまりしているが出てくる天丼は豪快そのもの。一口食べれば″ウンウン〟と首を縦に振りながら思わず口元はほころんでしまう。
詳しくはこちら
 
みかど冨士原商店(まんじゅう)
 
お店は川崎大師表参道のなかほど、京急川崎大師駅から歩いて5分ほどの所にあるおまんぢうの専門店です。
詳しくはこちら
     
南天堂(縁起物)
 
京急川崎大師駅を降りて、表参道をゆっくり歩くと右手に大きな「たぬき」の置物が目印の風情あふれる民芸・仏具のお店「南天堂」。
詳しくはこちら
 
福嶋屋(茶房ふくしま)久寿餅
 
東海道から少し入った大師道に続く万年横町にて明治37年に開業し以来現在の場所に移ってからもお大師さまへいらっしゃるお客様に愛される店をめざしている福嶋。
詳しくはこちら
     
布間提灯店(提灯)
 
先祖代々の技術を受け継ぎ創業300年余りの歴史を持つ布間提灯店。その昔は川崎市内にも何店舗もあった 同業者が一つ、また一つと減ってきていて現在では6、7件あるかないかになってしまっているという。
詳しくはこちら
 
葵商店(だるま)
 
立葵の家紋から葵商店と名付け、大師仲見世通りで店を始めて50年、楽しい商品が軒を飾っています。 オリジナルの12色だるまは、赤-諸願成就、緑-健康、黒-商売繁盛、ピンク-愛、金-金運、黄色-安全、白-合格-家内安全、紫-長寿など、お願い事にあわせて色々用意しております。
詳しくはこちら