メインカテゴリー

  • 川崎を動画で見る
  • 川崎で食べる・飲む
  • 川崎でキレイになる
  • 川崎で買う
  • 川崎でくらす
  • 川崎のイベント
  • 川崎の集合施設
  • 川崎で遊ぶ
  • 川崎の会社
  • 川崎に泊まる
  • 特集
  • 川崎で学ぶ

メールマガジン

無料メルマガに登録して
おトクな最新情報をゲット★
登録 削除
送信(無料)

新着ブログ情報

2016.10.31 22:56
当ブログと今後について
[川崎グルメぐり]
2012.09.29 02:23
「菓子工房おおはら」open!@ラゾーナ川崎
[川崎グルメぐり]
2012.08.23 15:11
川崎フロンターレ後援会さんの箸置き。
[川崎グルメぐり]
2012.08.23 15:11
PR: 【三井の賃貸】当社のみご紹介できる限定住戸があります
[川崎グルメぐり]
2012.06.05 12:56
作品展最終日・カンガルーさん・とん鈴さん
[川崎グルメぐり]
音楽のまち川崎
しんゆり・芸術のまち
ビデオクラシックス

川崎市からのお知らせ

「今、何の病気が流行しているか!」の情報提供について(平成29年第5週)

発表日

平成29年(2017年)2月8日

概要

市内の定点医療機関から提供された感染症の患者発生情報をもとに市民提供情報である「今、何の病気が流行しているか!」(平成29年第5週)を作成しましたのでお知らせします。

報道発表資料

第5週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)インフルエンザ 2)感染性胃腸炎3)流行性角結膜炎でした。
インフルエンザの定点当たり患者報告数は43.92人と前週(46.88人)から横ばいで、例年より高いレベルで推移しています。
感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は4.67人と前週(5.00人)から横ばいで、例年より低いレベルで推移しています。
流行性角結膜炎の定点当たり患者報告数は2.22人と前週(1.56人)から増加し、例年よりかなり高いレベルで推移しています。

今週のトピックス
“知っていますか?〜劇症型溶血性レンサ球菌感染症〜”について取り上げました。
溶血性レンサ球菌感染症は、通常は発熱とともに咽頭炎などを引き起こし、子どもを中心に毎年流行する疾患ですが、中には急激に悪化する劇症型溶血性レンサ球菌感染症もあります。
初期症状としては発熱、咽頭痛、四肢の痛み・腫れなどがみられ、発病後数十時間以内に、腫れた部分が壊死(細胞が破壊され組織が死んでしまうこと)を起こしたり、多臓器不全やショック状態から死に至ることもあります。
川崎市における届出数は、平成18年以降年間1〜8件でしたが、平成29年第5週(平成29年1月30日〜平成29年2月5日)までに、すでに2件の届出がありました。

お問い合わせ先

健康福祉局 保健所 感染症対策課 感染症担当
〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。
電話:044-200-2441
ファクス:044-200-3928
メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp