メインカテゴリー

  • 川崎を動画で見る
  • 川崎で食べる・飲む
  • 川崎でキレイになる
  • 川崎で買う
  • 川崎でくらす
  • 川崎のイベント
  • 川崎の集合施設
  • 川崎で遊ぶ
  • 川崎の会社
  • 川崎に泊まる
  • 特集
  • 川崎で学ぶ

メールマガジン

無料メルマガに登録して
おトクな最新情報をゲット★
登録 削除
送信(無料)

新着ブログ情報

2016.10.31 22:56
当ブログと今後について
[川崎グルメぐり]
2012.09.29 02:23
「菓子工房おおはら」open!@ラゾーナ川崎
[川崎グルメぐり]
2012.08.23 15:11
川崎フロンターレ後援会さんの箸置き。
[川崎グルメぐり]
2012.06.05 12:56
作品展最終日・カンガルーさん・とん鈴さん
[川崎グルメぐり]
2012.05.24 17:15
念願のクラフトビア ムーンライトへ行ってきました♪
[川崎グルメぐり]
音楽のまち川崎
しんゆり・芸術のまち
ビデオクラシックス

川崎市からのお知らせ

「今、何の病気が流行しているか!」の情報提供について(平成29年第34週)

発表日

平成29年(2017年)8月30日

概要

 市内の定点医療機関から提供された感染症の患者発生情報をもとに市民提供情報である「今、何の病気が流行しているか!」(平成29年第34週)を作成しましたのでお知らせします。

報道発表資料

第34週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は、1)手足口病 2)感染性胃腸炎 3)ヘルパンギーナでした。
手足口病の定点当たり患者報告数は11.21人と前週(11.55人)から横ばいで、例年よりかなり高いレベルで推移しています。
感染性胃腸炎の定点当たり患者報告数は4.21人と前週(3.41人)から増加し、例年並みのレベルで推移しています。
ヘルパンギーナの定点当たり患者報告数は3.26人と前週(3.38人)から横ばいで、例年並みのレベルで推移しています。

今週のトピックス
“全国的に増えています!〜腸管出血性大腸菌感染症〜”について取り上げました。
現在、全国的に腸管出血性大腸菌感染症(O157、O26など)の患者報告数が非常に多く、特に関東地方での発生が目立ちます。
川崎市においても8月以降、患者報告数が急増しており、今年は現在までの全報告数のうち、75%を腸管出血性大腸菌O157が占めています。
加熱不十分な肉類の喫食を原因とする場合もありますが、感染経路が不明なことも多いため、肉類は加熱(75℃で1分間以上)を十分行うとともに、野菜類は流水でしっかりと洗ってから食べる等の予防対策を心がけましょう。

お問い合わせ先

健康福祉局 保健所 感染症対策課 感染症担当
〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。
電話:044-200-2441
ファクス:044-200-3928
メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp